チネイザンとは古くから伝わる気功療法のひとつで、腸をはじめ内臓に働きかけるホリスティック・セラピーです。

 

当サロンでは、ハワイアンロミロミまたはタイ古式でお身体をほぐしてからお腹への施術に入ります

 

数種類のハーブが入ったハーブボールやホットストーンで腹部を温め、腸のデトックス効果の高いヒマシ油を使用します。

心地よいリズムの中、お腹を緩ませ内臓の滞りを癒し、

内にこもる感情を深い癒しと共に解放していきます

日本のことわざ・古代ハワイアンの考え・中国に伝わる陰陽五行説

これらには内臓と感情が密接に繋がっているという考えがあります

 

「腑に落ちる」 とは日本では古くから「腑=腹」を、心が宿る所として考えられてきました

またハワイアンの心の深い所を指す言葉Na`auは丹田をさしています

ロミロミや陰陽五行に置いても各臓器は感情を表しています 

 

内臓は正直で素直で繊細です 忙しい日常の中、複雑な社会の中で

気が付かないように、これくらい我慢しなきゃ、やり場が無い、等と言って仕舞い込んでしまった感情は内臓が引き受けていて、そこから不調へとつながります

お客様の声

・お腹周りがスッキリした

・お通じが良くなった

・腰痛が良くなった

・硬かったお腹が柔らかくなった

・重心が安定して地に足がついた感じがする

・顔がすっきりした

・生理痛がこなかった

・生理がすんなり来た

・自分の出せなかった感情がある事に気がついた

・インナーチャイルドが癒された

・自然とつながりやすくなった